ハーレクイン・イマージュ

ロマンスといえばハーレクインシリーズ、その中でもハーレクイン・イマージュばかり集めて楽しんでみました。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

祝福の歌が聞こえる―愛を約束された町〈6〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
エイミーはもうなにも残されていなかった。お金も、運も、希望も。残っているのはただ、このおなかの子供だけ。それも、相手に妻子があると知らずに身ごもった子供だ。今までの生活から逃れたくて、ダラスからオースティンに向かう途中、エイミーは、バスが一時停車した町、プロミスにふと心を引かれた。歩道には花が咲き乱れ、人々が楽しげにおしゃべりしている。エイミーは衝動的にバスを降りた。ここで新しい生活を始めよう。通りを歩きだした彼女は、教会を見つけ、誘われるように中に入った。そのままうたた寝をしてしまい、牧師のウェイドに声をかけられる。「なにか僕にできることはありませんか?奇跡なら僕の専門ですが」エイミーは答えた。住む家と仕事と、おなかの子供の父親がほしいと。すると、不思議、ウェイドはあっという間に家と仕事を見つけてきた。でも、子供の父親は?いくら奇跡の専門家でも無理に決まってるわ!ゴーストタウンの謎も人々の努力によって解明され、プロミスに昔の平和が戻ったかに見えた矢先、教会に助けを求めるエイミーと牧師のウェイドとの仲が町の噂に…。六部作のすばらしいフィナーレを飾る物語。

失われた時を求めて (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
マーニーは、生まれたわが子を一度も腕に抱くことができなかった。体面を重んじるマーニーの母の手で、十代の娘の出産は隠され、赤ん坊はひそかに養子に出されてしまったのだ。わが子を奪われたと知った日、マーニーは家を出る。それから十三年の歳月が流れ、母の死で帰郷したマーニーは、遺品の中から、娘の引き取り先を記した書類を見つけた。養父母は、近くの町バーナムに住むハンティンドン夫妻。気がつくとマーニーは、車を走らせ、その町を訪れていた。そして、激しい雨の降り始めた駐車場で、見知らぬ男性とぶつかり、持っていたアイスクリームで彼の車を汚してしまう。だが男は、彼女をじっと見つめて、予想もしない言葉を口にする。「君は僕のよく知る人にそっくりだ。いったい、君はだれなんだ?」私に似ている人ですって?まさか娘のことでは…。

荒野の奇跡―華やかな遺産〈2〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
父親を知らず、母も早くに亡くしたケーシーは施設で育った。二十四歳になった彼女に、母の友人が父の名を明かす。ジョック・マキヴァー―奥地で権勢をふるった有力者だ。ケーシーは真実を探るため、奥地へと旅立った。途中、果てしなく広がる荒野で、一人の男にでくわす。とっさに身構えたが、すぐにならず者ではないとわかった。ケーシーにとって、危険を感じさせない男は彼が初めてだった。彼の瞳には過酷な人生を生き抜いてきた者だけが持つ強い光があった。トロイと名乗ったその男に、ケーシーは生まれて初めてときめきを感じた。二部作『華やかな遺産』の完結編。

内容(「MARC」データベースより)
施設で育ったケーシーは父親を知らず母もいない。だが24歳の時、父親は奥地で権勢をふるう有力者だと知らされる。真実を探るため旅立った奥地で、ケーシーはトロイと名乗る男に出会うが、その強い瞳にときめきを感じ…。

いつかかなう夢 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
従妹の結婚披露宴で、一人ダンスの輪から外れていたマティは、そばでもの思いにふける男性が気になり声をかけた。彼はセバスチャンといい、ニューヨークの銀行家だった。男性とは楽しくつき合い、決して深入りをしないのが、マティのいつものスタイルだ。悲しいけれど、わたしみたいな人間にはそれがふさわしい。ハンサムなうえに、ウィットに富んだ会話のできるセバスチャンは、この場かぎりの話し相手としては最高だ。だがマティは考えてもいなかった。自分が彼の心に、強烈な印象を残してしまうことまでは…。RITA賞はじめ数々の受賞歴を誇るリズ・フィールディングが、交通事故で車椅子生活を余儀なくされた女性をヒロインに据えて描く心温まるストーリー。マティは「妻という名の契約」のフランチェスカの従姉にあたる。

内容(「MARC」データベースより)
従妹の結婚披露宴で、マティはセバスチャンと知り合う。ハンサムで会話も弾むが深入りはしなかった。それがいつもの彼女のスタイルなのだ。だが彼の心には強烈な印象が残り…。車椅子生活のヒロインを描く心温まるストーリー。

荒野の奇跡―華やかな遺産〈2〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
父親を知らず、母も早くに亡くしたケーシーは施設で育った。二十四歳になった彼女に、母の友人が父の名を明かす。ジョック・マキヴァー―奥地で権勢をふるった有力者だ。ケーシーは真実を探るため、奥地へと旅立った。途中、果てしなく広がる荒野で、一人の男にでくわす。とっさに身構えたが、すぐにならず者ではないとわかった。ケーシーにとって、危険を感じさせない男は彼が初めてだった。彼の瞳には過酷な人生を生き抜いてきた者だけが持つ強い光があった。トロイと名乗ったその男に、ケーシーは生まれて初めてときめきを感じた。二部作『華やかな遺産』の完結編。

内容(「MARC」データベースより)
施設で育ったケーシーは父親を知らず母もいない。だが24歳の時、父親は奥地で権勢をふるう有力者だと知らされる。真実を探るため旅立った奥地で、ケーシーはトロイと名乗る男に出会うが、その強い瞳にときめきを感じ…。

プレイボーイ操縦法 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
サマンサは、ロンドンの投資信託会社に勤めるキャリアウーマン。ある経済会議でスピーチをするため、ニューヨークにやってきて、偶然、かつての恋人マットに再会した。サマンサは学生時代、当時講師だった彼と激しい恋に落ちた。だが、学生と講師の恋は学内で問題となり、やむなく別れたのだった。彼は現在ニューヨークの証券会社の最高経営責任者で、多忙を極めている。その夜、サマンサはマットに食事に誘われ、そのまま一夜をともにした。これからも会おうと彼は言ったが、忙しいふたりは思うように会えない。彼は私とつかのまの情事を楽しみたかっただけなの?疑念にとらわれていたサマンサは、ある情報を耳にした。マットの会社が株の買い占めに遭い、乗っ取られそうだというのだ。しかも乗っ取りの鍵を握るのが、サマンサの勤める会社だった。マットに味方するか、会社に協力するか、恋と仕事のはざまで悩んだ末、サマンサが出した結論は…。

恋はスコールのように (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
いとこを訪ねてインドネシアの島にやってきたガビーは、発電所建設現場の診療所で働く医師、ジェドと出会った。ジェドは怠惰で無愛想だが、医師としての信頼は厚いようだ。インディ・ジョーンズを彷彿とされる粗削りな魅力もある。実際、事故にあった怪我人の治療にあたるジェドを見てからはガビーはさらに彼に惹かれるようになった。そのころ、建設現場では不可解な事故が続いていた。発電所の建設に反対する人々の妨害活動ではないか…。そんな心配が高まった矢先、技師たちが連れ去られた。人質たちの安否を気づかい、薬を届けるというジェドに、ガビーは自分もついていくと言い張る。しかし、二人もまたとらえられ…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
アンダーソン,キャロライン
イギリスの作家。看護婦、秘書、教師、室内装飾業者を経て、現在は作家に落ち着く。「いつも何かを探し求めてきて、作品を執筆するごとに新しい世界や友人との出会いがあった」と語る。イングランド東部サフォークで暮らしている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

闇を揺さぶる誘惑 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
小さな島で絵を描いて暮らすニーナ。九カ月前、島に渡るフェリーの上で頭を打ち、記憶の一部を失った。それでも特に困ったこともなく、充実した日々を送っている。そんなニーナの生活は、嵐の日に倒れた木の下敷きになった男性を助けたことで一変した。意識を取り戻した男性は、自分の名前すら思い出すことができず、どうやらすっかり記憶をなくしてしまったようだ。彼が持っていたライターに彫られた名前から、ニーナは男性をライアンと呼ぶことにした。魅力的な外見と人柄をあわせ持つ彼にニーナは惹かれるが、何かが彼女の気持にブレーキをかける。面倒なことにライアンのほうもニーナに関心がある様子で、彼と目が合うたびに、ニーナはますます身構えてしまうのだった。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ネーピア,スーザン
バレンタインデー生まれ。生まれながらのロマンス小説家と言える。ニュージーランド、オークランドでジャーナリストとして出発。ハンサムな上司と結婚したのち小説の執筆を始める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

星の降る夜 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
運命の恋人だった夫を失って五年。再び人を愛することは許されるのか?姉が子供を産もうと計画している。しかも会ったばかりの男の。相手のジョーは有名な風刺漫画家で、プレイボーイだという噂だ。このままでは姉の不幸は目に見えている。絶対に阻止しなければ!ジョーの自宅を急襲したリディアは一気にまくしたてた。彼は皮肉たっぷりに応じたあげくに言った。「きみも僕とベッドをともにしたいのかい?」怒り狂っていいはずなのに、なぜか悪い気がしない…。最愛の夫を事故で失って以来、初めてのときめきだった。でも姉を裏切ることになる。ましてこんな男を許すなんて!幸い翌日から仕事でシドニーを離れなくてはいけないリディアは、その間に心を静め、ジョーを完全に忘れるつもりだった。ところが、目的地で彼女を待っていたものは…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
アームストロング,リンゼイ
南アフリカ生まれ。現在はニュージーランド生まれの夫と5人の子供たちとともに、オーストラリアで暮らす。オーストラリアのほとんどの州に住んだことがあり、農場経営や馬の調教など、普通では経験できない職業を経てきた。作品にはその体験が大いに生かされている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

砂漠の楽園 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
助かった!あやうく遭難するところだった。水も食料もないまま不毛の地を歩きつづけたジェナは、ようやく小さな建物を見つけて、安堵のため息をついた。いまにも壊れそうなあばら屋だけれど、外にはぴかぴかの自家用ジェット機がとまっている。持ち主に頼めば、空港まで送ってもらえるかもしれない。そのとき戸口に現れたのは、危険な雰囲気を漂わせた男性だった。孤独を映す瞳、精悍な顔、日に焼けたたくましい体。不意にジェナの胸が激しく高鳴った。初めて会った人なのに、これほど惹かれてしまうのはなぜ。

内容(「MARC」データベースより)
不毛の地であやうく遭難しかけたジェナは、小さな建物を見つけて安堵した。しかし、戸口に現れたのは、危険な雰囲気を漂わせた男性だった。不意に高鳴るジェナの胸。初めて会った人なのに、これほど惹かれてしまうのはなぜ?

[墨田区紀行] [千葉の印刷なら千代田印刷] [鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」] [電子たばこ] [高収入バイト情報] [東京ぶらぶら] [GOGO!江戸川区!] [鶯谷・うぐいすだに] [横浜関内リラクゼーションサロンDIO] [幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク] [アキバ中毒のページ] [ハロー!江東区!] [美容外科] [日暮里 鶯谷 上野 ニュース] [台東クラブ] [台東紀行]
[詩論万歳] [知られざる中国文学の世界。]

ooo千葉の水のおはなし.COMooo AV機器ooo スーパーシガレット/SuperCigaretteooo カフェの歴史から千葉のカフェ紹介まで☆★カフェ千葉★☆ooo パチスロ必勝!in千葉市ooo 巣鴨で散策!ooo ビジネス.コレクションooo お笑いタレントooo 使えるフリーメール比較ooo 千葉の伝統文化。彫刻、石像、絵画、工芸、文化財ooo フード、ドリンク.コレクションooo ~品川の街~ooo Rest for a momentooo おいしいくだものメニューooo 山手線エリア~洋食屋 王道のカレー&ビーフシチュー~ooo 台東クラブooo AV・カメラ・PCooo 文の京!文京区!ooo おやじの聖地、のんべえの街、新橋ooo ラーメン!つけ麺!僕イケメン!ooo