ハーレクイン・イマージュ

ロマンスといえばハーレクインシリーズ、その中でもハーレクイン・イマージュばかり集めて楽しんでみました。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

聖夜に祈りを (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
アマベルは小さな宿をたった一人で切り盛りしている。突然の嵐に心細い思いをしていたある晩、オリヴァーという医師が部屋を求めてやってきた。彼は気さくな温かい人柄で、アマベルに安心感を与えてくれた。これまで孤独に耐えながら生きてきたけれど、こんな人が友人だったらどんなにいいだろう。アマベルは生まれて初めて、男性に憧れを抱いた。一方、宿をあとにしたオリヴァーは、どこかはかなげなアマベルのことが気になってしかたなかった。なにか理由をつけて、もう一度あそこへ行ってみようか…。

内容(「MARC」データベースより)
小さな宿をたった1人で切り盛りしているアマベルは、突然の嵐に心細い思いをしていたある晩、部屋を求めてやってきた医師オリヴァーに憧れを抱く。一方、宿をあとにしたオリヴァーもアマベルのことが気になり…。

聖夜まで待って (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
クリスマスも間近だというのに、ソフィーは恋人もなく、仕事もくびになってしまった。職業紹介所に出向くと、犬の散歩のアルバイトを紹介された。さっそく飼い主ガブリエル・ヨークの瀟洒な家を訪れたものの、だれも呼び鈴に応えない。不審に思ってドアの郵便受けから中をのぞいたところ、ガブリエルと思われる男性が床に倒れていた。彼女は大急ぎで窓から侵入し、気を失っている彼に人工呼吸を試みた。唇を重ねて息を吹きこんだとき、彼は意識を取り戻して不意に尋ねた。「どうして僕にキスをしているんだい?」。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
フィールディング,リズ
イングランド南部バークシャー生まれ。二十歳のときアフリカに渡り、秘書の仕事に就いた。土木技師と結婚し、その後十年間をアフリカと中東で暮らす。現在はイングランドに戻り、ウェールズに住んでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

湖畔の休日 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
なんてすてきな先生!ハンサムで落ちついていて有能で…。ジェイムズ卿の診療所の新しい顔、ギフォード医師は、たちまち患者やスタッフの注目の的になる。だけど秘書兼受付係のルイーザだけは、同調して浮かれはしなかった。気まずい出会い方をして以来、先生はわたしを嫌っているみたい。わたしだってなんとも思ってないわ、あんな堅苦しい人。ところが思わぬ事態から、彼女は週に何日かギフォード付きとなり、彼の自宅へ同行してまで仕事をすることになった。ギフォードには婚約者がいた。美しいけれど意地悪なヘレナ。誰が見たって、彼女は先生に全然ふさわしくないわ。ルイーザはギフォードの幸福のためにひと肌脱ぐことにした。彼のことは好きじゃないけれど、と自分に言い訳しながら…。

内容(「MARC」データベースより)
ジェイムズ卿の診療所に新しい医師がやってきた。ハンサムで落ち着きのあるその医師は、たちまち患者やスタッフの注目の的。だけど、ルイーザだけは浮かれはしない。ところが思わぬ事態から彼女は…。

聖夜に祈りを (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
アマベルは小さな宿をたった一人で切り盛りしている。突然の嵐に心細い思いをしていたある晩、オリヴァーという医師が部屋を求めてやってきた。彼は気さくな温かい人柄で、アマベルに安心感を与えてくれた。これまで孤独に耐えながら生きてきたけれど、こんな人が友人だったらどんなにいいだろう。アマベルは生まれて初めて、男性に憧れを抱いた。一方、宿をあとにしたオリヴァーは、どこかはかなげなアマベルのことが気になってしかたなかった。なにか理由をつけて、もう一度あそこへ行ってみようか…。

内容(「MARC」データベースより)
小さな宿をたった1人で切り盛りしているアマベルは、突然の嵐に心細い思いをしていたある晩、部屋を求めてやってきた医師オリヴァーに憧れを抱く。一方、宿をあとにしたオリヴァーもアマベルのことが気になり…。

愛なき求婚 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
宝石会社を経営する幼なじみのマックスの手助けにフィービーは有能ベビーシッターとして駆けつけた。傲慢で素っ気ない態度の彼と衝突する毎日。時折見せる彼の熱いまなざしに惑わされたりせず、たまらなく惹かれているのを悟られないようにしなくては。ところがある夜、ふたりきりになるとマックスが急に切り出した。「結婚しよう、そうすればすべて解決する」まじめで分別のある彼が、私にプロポーズ?天国にのぼったようだった心は、次に続く彼の言葉でうちくだかれた。

内容(「MARC」データベースより)
ハンサムな実業家の幼なじみマックスと再会したフィービーは、傲慢で素っ気ない彼に惹かれているのを悟られないよう苦戦する毎日。ところがある夜、急にマックスにプロポーズされ、天国にのぼったような気分だったが…?

恋の始まりはSOS (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
カナダ沿岸警備隊のオペレーター、シーリアのもとに、ある男性が訪ねてきた。数日前、彼女が遭難救助信号を受けた船の持ち主だ。ジェスロはシーリアに礼を言いに来たというが、その態度はひどく傲慢で、彼女は気に入らなかった。だが翌日、偶然ジェスロに再会して、ある考えが浮かんだ。あと三カ月の命と医師に診断されたシーリアの父親は、死ぬ前に娘が結婚して落ち着くことを強く望んでいる。ジェスロに偽りの結婚をもちかけたらどうだろう。それとも、こんなに危険で魅力的な男性に近づくなんて、愚かなことだろうか。もう時間がない。シーリアは思いきって言った。「ジェスロ、私と結婚してもらえないかしら?」。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
フィールド,サンドラ
イギリス生まれ。人生の大半をカナダで過ごす。カナダ北部の静寂と空虚さを愛し、現在住む町を作品の舞台に選ぶことも多い(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ボスとの約束 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ルーは完璧な秘書だった。常に冷静で、仕事が速く、決してミスを犯さない。でも、ひとたび家に帰れば、生活に追われて悩むただの女性だ。一方、プレイボーイと名高いボスのパトリックは、社会的な地位のために妻を必要としていた。浮気も許してくれる、都合のいい妻を。それを知ったルーは、二人の悩みを解消する名案を思いついた。ボスに私と結婚してもらうのはどう?私なら完璧な妻になれる。しかもいっさい愛情抜きで。

内容(「MARC」データベースより)
常に冷静で仕事が速い完璧な秘書ルーと、プレイボーイだが社会的地位のため妻を必要としているボスのパトリック。生活に追われるルーは、自分がボスと結婚すれば、彼が求めているような愛情抜きの完璧な妻になれると考える。

花嫁のあやまち (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
大会社のロビーでコリーは後悔していた。父が急死したあと継母に全財産を持っていかれ、自活しなければならなくなった。だからといって経験もないのに秘書の面接を受けるなんて、無謀なことをしてしまったわ。すごすごと帰りかけたコリーに、社長がダークブルーの瞳をきらりと光らせ、呼びかけた。「実は、きみにもっとふさわしい仕事があるんだ」。よかった!コリーは期待に胸が躍った。こんな私にできるのは、いったいどんな仕事。

内容(「MARC」データベースより)
大会社のロビーでコリーは後悔していた。経験もないのに秘書の面接を受けるなんて、無謀なことをしてしまったわ。帰りかけたコリーに、社長がダークブルーの瞳を光らせ、呼びかけた。「きみにもっとふさわしい仕事があるんだ」

愛よりも重い秘密 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
マロリーの弟は列車事故で命を落とし、赤ちゃんだけが残された。甥を育てるため、彼女は弟夫婦が住んでいた町に引っ越してくる。ベビーベッドに寝ている赤ちゃんを見ると痛いほどの愛を覚え、マロリーは心に誓った―何があろうとあなたを守るわ。ところが翌朝、ふいに義妹の兄ジョーダンが訪れ、甥の存在を知るや、赤ん坊はもらうと言い出した。冒険家の彼は国内におらず、妹たちの葬儀にも現れなかった。薄情な男に赤ちゃんを渡すことはできない!最悪のシナリオはそれだけではなかった。思いがけず彼の優しさを知ったマロリーは、恋してしまったのだ。世界を飛び回り、どこにも根をおろさない男に。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
グリーン,グレイス
スコットランドで育ち、その後夫と子どもたちとともにカナダに移住。大自然の中に居を構え、海や山々、森林に囲まれて暮らす(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

オフィスを飛びだして (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ラクランを目にした瞬間、キーリーの鼓動が止まった。なんてすてきな人だろう!どこまでも青い瞳に、つややかな黒い髪。ティーンエイジャーのころ思い描いた、理想の男性そのものだ。でもラクランは大切なクライアントだし、この仕事にはわたしの昇進がかかっている。たとえ彼が思わせぶりな態度をとっても、心ときめかせている場合じゃないわ。そんな堅い決意に加えて、キーリーには男性と絶対につきあえない理由があった。

内容(「MARC」データベースより)
大切なクライアントのラクランを一目見て、恋に落ちてしまったキーリー。しかし昇進のかかった大事な仕事のため、思わせぶりな態度にも応じるわけにはいかない。それに加えて、キーリーには男性と付き合えない理由があった。

[墨田区紀行] [千葉の印刷なら千代田印刷] [鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」] [電子たばこ] [高収入バイト情報] [東京ぶらぶら] [GOGO!江戸川区!] [鶯谷・うぐいすだに] [横浜関内リラクゼーションサロンDIO] [幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク] [アキバ中毒のページ] [ハロー!江東区!] [美容外科] [日暮里 鶯谷 上野 ニュース] [台東クラブ] [台東紀行]

ooo伊豆諸島を巡ってみよう!江戸川区!ooo 千葉文化ぶんか!ooo 文の京!文京区!ooo 千葉県の施設ooo 焼肉喰ってパワーアップッ!ooo 住宅ローンのことooo 中野区居住化計画ooo おもちゃ、ホビー.コレクションooo よい街、品川ooo 山手線エリア~銭湯~ooo 巣鴨で散策!ooo シブヤをよく知る為のサイトooo AV機器ooo 特大房総!房総の魅力満点!ooo 100均より安いooo 原宿をもっと知ってほしくて…ooo ~品川の街~ooo ファッション.コレクションooo リアクション芸人ooo ダーツ大好き@千葉ooo